プロテオグリカンだけじゃなかった!?

鮭由来プロテオグリカン

2001年、弘前大学で鮭鼻軟骨からの食酢(酢酸)を用いた抽出法が開発され、低コストかつ高純度の条件でプロテオグリカンの大量生産が可能となりました。現在では、根室圏産業技術振興センターのグループの研究により、さらに壊れていない生の形により近い極生プロテオグリカンの大量生産も可能になっています。

このプロテオグリカンは、関節や肌に含まれる保水成分です。ヒアルロン酸と一緒に保水機能を担っています。現在、プロテオグリカンは、健康食品(サプリメント)や化粧品の素材として大活躍しています。

一方、根室圏産業技術振興センターのグループの研究は、実は、それだけに留まりませんでした。極生プロテオグリカンだけでなく、生の形のままコラーゲン(非変性Ⅱ型コラーゲン)も同時抽出も可能にしていたのです。その研究グループは、現在、株式会社リナイスとして、鮭鼻軟骨から抽出された非変性コラーゲンと極生プロテオグリカンの原料供給を行っています。

なお、現在、鼻軟骨からの抽出された非変性Ⅱ型コラーゲンを可溶化したアテロ化コラーゲン(生コラーゲン)の供給は行っておりませんが、鮭皮から抽出されたアテロ化コラーゲンは、井原水産株式会社の事業を引き継ぎ、株式会社リナイスが化粧品原料として供給しております。

何が違う?各社のプロテオグリカン原料

現在、複数の会社より、プロテオグリカン原料が供給されています。何が違うのでしょう?
以下のようなものが異なります。

  • 抽出方法
  • 分子量
  • 分析方法
  • Ⅱ型コラーゲンの有無

抽出方法は、酸で抽出されている原料やアルカリで抽出されている原料が存在します。抽出条件も異なるため、抽出されるプロテオグリカンにも分子量に違いが生じます。現在、ピークトップ分子量が45万ダルトンと120万ダルトンの分子量の原料が存在します。120万ダルトンの分子量の原料は、近年、最新の技術で絶対分子量を比較すると、120万ダルトンと240~350万ダルトンという差があることまでわかり始めています。

中には、コンドロイチン硫酸をプロテオグリカンとして販売されている粗悪な原料も存在します。この分子量の差は、抗原活性部位の有無が機能性に大きく関与する経口摂取より、塗布での機能性(バリア機能や創傷など)の方で差が出る可能性が高いです。

プロテオグリカンの分子量

また、各原料は、プロテオグリカンの定量分析方法も異なります。精度の高いHPLC法で行われている原料と、カルバゾール硫酸法の値から返還されるガランボス法で行われている原料が存在します。我々の研究では、ガランボス法の方が高い値で示される傾向や一部のプロテオグリカン分解物(コンドロイチン硫酸)が含まれた形で分析されてしまう問題点も示されています。(両者の差は、ガランボス法に用いる係数のズレであり、120万ダルトンの原料の定量分析には適さないことがわかり始めています。)

原料の定量分析方法によって、最終商品でのプロテオグリカン含有量にも差が出てきています。中には、実際にHPLC法で分析すると約1/10の量しか含まれない商品も存在していました。今後、精度が高いHPLC法の1つのものさしで定量分析が行われていくのが好ましいでしょう。

株式会社リナイスのプロテオグリカン原料は、毎ロットHPLC法で分析が行われています。また、厚生労働省の登録機関でも分析が可能な体制が確立されております。

2種類の北海道産:鮭鼻軟骨抽出物

弊社は、2種類の北海道産:鮭鼻軟骨抽出物を取り扱っております。1つは、非変性2型コラーゲン40%以上と非変性プロテオグリカン38%以上を規格化した世界で唯一のコンプレックス原料:SCPコンプレック-LSです。非変性コラーゲンは水に溶けないため、主に、錠剤、ハードカプセルや顆粒の商品に利用されています。

品質規格書(表示情報付き)

もう一つは、非変性プロテオグリカンが世界最高純度(93%以上)で規格化された原料です。賦形剤が含まれていないため、ドリンクなどでデキストリンという表記が不要です。

品質規格書(表示情報付き)

その他、絶対分子量を規格化した極生プロテオグリカンの化粧品原料(従来のプロテオグリカンの分子量8倍、粘度2.6倍)も取り扱っております。主に、原液化粧品の用途で利用されております。ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

アンチエイジング・プロへのお問い合わせはこちら


プロテオグリカンについては、健康ジャーナルによる連載が行われています。随時、更新されていきますので、参考にしていただければ幸いです。

連載:栗山雄司博士のわかりやすい「プロテオグリカン講座」