【おいしさの理由は農場にあり】

1.モリンガ農園見学に行ってきました

味に自信のネオベジモリンガ、実は安心・安全も妥協していません。定期的に農場とコンタクトを取り、現地の農場・工場見学にも行っております。ネオベジモリンガが育った南インドの大地の様子をお伝えします。

2.モリンガを育てる「水」

モリンガを育てる「水」

モリンガをはぐくむには、「水」が大切です。

栽培に利用する地下水は月に2回、水質調査を実施しています。

年間の平均気温がほとんどの月で25度を超えるこの地域で、水が隅々まで行きわたるよう、畑にはホースが張り巡らされています。


3.すくすく育つ「土」と「養分」

すくすく育つ「土」と「養分」
除草作業は機械と、手作業

この土地の「赤土」は、水はけと保水力のバランスがよく、通気性、保肥力を備えた土壌です。この土を寝床にすくすくとモリンガが育っています。

USDAオーガニック認証取得のこの農園では化学肥料や除草剤は一切使用していません。たい肥は牛糞のみ。除草作業は機械と、手作業で行っています。病害虫を防ぐためにニームオイルを水と混ぜて散布しています。

全ての工程は、専門のスタッフが生産者をサポート。種をきれいに整列させて植え、木と木の間隔が一定になるようにします。そうすることで、モリンガの木を傷つけずに機械で雑草を取り除くことが可能になり、収穫の作業がしやすくなるといった利点があります。


4.ネオベジモリンガの特長

モリンガの葉
モリンガ茶
モリンガの木

モリンガは、産地によって味や色が違います。

【味】

ネオベジモリンガの葉は、とても柔らかく、苦味、えぐみがないのでそのまま食べる事ができます。

モリンガの原産国インドでは、葉をオニオンやコリアンダーなどの香菜と一緒にミキサーにかけたものに、クミンやブラックペッパーなどの香辛料を加えてスープにしたり、葉をそのまま炒めたりして日常的に食べています。

【色】

ネオベジモリンガパウダーは濃い綺麗なグリーンであることも特徴の一つです。私たちは、いろいろな産地のモリンガを食べ比べていますが、ネオベジモリンガに苦み・えぐみが少ないのはこの土地の「水」、「土」、「気温」、「湿度」、「日照時間」など全ての条件がおいしいモリンガを生育するのに適しているからだと思います。


お気軽にご相談を!

事業部長 小嶋

私たちの美味しいモリンガ、ぜひお味見してみませんか。モリンガの原料について、お気軽にご相談ください。