「機能性表示食品」は、事業者の責任で、科学的根拠を基に商品パッケージに機能性を表示するものとして、消費者庁に届け出られた食品です。
機能性を表示することができる食品は、これまで国が個別に許可した特定保健用食品(トクホ)と国の規格基準に適合した栄養機能食品に限られていました。

機能性表示食品で出来る表現・出来ない表現

機能性表示食品は、健常者に対して「健康の維持や増進」に役立つ旨を表示できます。「容易に測定可能な体調の指標」で「身体の生理機能、組織機能」や「身体の状態を本人が自覚でき、一時的な体調の変化(継続的、慢性的でないもの)」の改善に役立つ旨を表現することが出来るのです。
しかし機能性表示食品は医薬品ではないため、病気の治療や予防について言及することはできません。また、科学的な根拠に基づいていなければならないのはもちろんですが、美白や肉体改造など、健康の維持・増進の範囲を超えた意図的な健康の増強を標ぼうするような表現もできません。

ニュートネクスのトータルサポート

商品の開発から届出でまで一貫したサポート

機能性表示食品を販売したいけれど、届出の仕方がよくわからない・・・。そもそも「機能性表示食品」の制度そのものがわからない・・・。自社だけで取り組むのは不安・・・。
ご安心ください。ニュートネクスでは、お客様のご要望を伺ったうえで、適切な素材の選択から、機能性表示食品の開発、OEM生産、消費者庁への届出書作成のサポートをさせていただきます。

詳しくはニュートネクスへ お問い合わせはこちらから